Lakala Japan(ラカラジャパン)

Lakalaとは?

Lakalaは、主に金融業、 ハードウェア(POS)開発、
ソフトウェア開発を行っています。
企業、個人のオンライン決済サービスや金融業務を提供しています。
決済額は中国銀聯に次いで中国第2位の規模です。

拉卡拉支付股份有限公司

設立
2005年 1月6日
資本金
3.6億元(約57.6億円)
法人代表
孙陶然
株主
太平人寿保険(2016年中国500強142位)、大地財産保険(中国損保5位)、
レノボ(2016年中国500強38位) 、雷軍(小米、中国スマホメーカー3強)
事業内容
銀行カードの集金業務、ネット決済、デジタルテレビ決済、
モバイル決済 (中華人民共和国決済業務許可証)、信用評価、保険業務

沿革

2009年 9月
38都市全普及、88都市進出、決済場所3万ヶ所、一日取引600万回、99%のコンビニが拉卡拉と提携
2011年 5月
拉卡拉中国人民銀行の《決済業務許可証》を獲得
2015年
拉卡拉の取引金額が27兆円に達しました

各賞

2013年 12月
中国インターネット年度「金手掌奖」
2015年 12月
中国金融業界年度「优秀金融服务奖」
2016年 1月
2016年度胡润新金融50強を獲得
2017年 1月
中国モバイル決済産業協会「2016年度影響力賞」

特徴

  1. 金融業務許可証23種
  2. 一日取引額1420億円
  3. 一日決済回数700万回
  4. POS業務中国市場第1位
  5. コンビニPOSシェア99%

中国国内でのラカラの実績

個人ユーザー
1億以上
法人ユーザー
270万
ネット決済
中国2
(1位銀聯)
年間取引金額
27兆
1日の取引回数
700万以上
Page Top