Lakala Japan(ラカラジャパン)

株式会社TRYSEE (元 株式会社中大通)への通達

2018/9/28

ラカラ中国本社から掲載指示があり、掲載しております。

株式会社中大通(“株式会社TRYSEE”)

株式会社TRYSEE (元 株式会社中大通)への通達

弊社(拉卡拉支付股份有限公司・ラカラ中国本社)は、2017年8月1日、“株式会社中大通”(現「株式会社TRYSEE」、以下「中大通」と称す)に対し、ラカラQR決済業務開拓の日本市場総代理を任命し、日本国内において弊社の代理店および加盟店を開拓することを委託しました。しかし、中大通が総代理期間中において、弊社が定めていた業務規定に複数回違反し、弊社の許可を得ることなく、中大通自社サービスである「東来西網(トウライシーネット)以下東来西網と称す」の関連業務を弊社業務と混同させ、東来西網を宣伝、推進、そして利益を得ており、弊社の代理店、加盟店に対し、多くの誤解を招きました。再三に渡り警告したにもかかわらず、中大通は改めることがなく、弊社ブランドを利用して東来西網を推進し、不当な課金をし続けて来ました。前述の行為が弊社ブランドを毀損しただけではなく、日本国の法律に違反するおそれがあり、2018年6月20日弊社が中大通の総代理資格を廃止し、一般代理店に格下げしました。しかし中大通がその後も改めることが見られず、弊社は本日に持ちまして中大通の一般代理店権利についても剥奪することに決定いたしました。前述決定と同時に、中大通が繰り返して来た違反行為について、法律事務所の指導にもとづき、サービス停止通告書を送付しました。中大通に対し法的手段を含めて対処することを検討しております。 上記のことを通達いたします。

拉卡拉支付股份有限公司
2018年9月27日
Page Top